オンラインフランス語学習サイトの徹底比較

フランス語の勉強方法

 

 

Bonjour(ボンジュール).
C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).

 

 

皆さんはフランス語をどのように勉強されていますでしょうか。日本でも大きな都市であればフランス語を学ぶための機関がありますが、そこに通うとなるとその分時間も取られるし、自分の好きな時間にフランス語の勉強ができればいいと思ったことは御座いませんでしょうか。

 

 

私自身も、社会人になりフランス語を学習できる学校の取りたい授業が平日にしか行われていない、上級クラス(C1レベル以上)はほとんどないなど、どのようにフランス語を学ぶべきか悩んだ時期があります。そんな時にフランス語のオンラインサイトをインターネットで見つけ、体験授業をとってみました。その中で自分に合うものを見つけ出し、仕事終わりの21:00-23:00 の間ぐらいで週に1-2コマほど、その週に疑問に思った点をフランス人の先生に質問をしていました。特にフランス語検定やDELF/DALFの口頭試験前の練習の役に立ちました。

 

 

今回は主要な4つのオンラインフランス語学習サイトの比較して記事にしてみました。是非フランス語学習のための参考としてご活用下さい。

 

 

 

sponsored link



① アンサンブルアンフランセ

アンサンブルアンフランセのリンク

 

 

まずは、「アンサンブルアンフランセ」について紹介させて頂きます。このサイトは私自身も仏検やDELF/DALFの口頭試験の前に実際に授業をとっていたオンラインフランス語学習サイトです。実際に社会人1年目の時に取得したDELF B2の口頭試験の準備の際にも利用させて頂きました。月に何回とコースを選べましたので、試験間近に集中的に勉強できたことや良いアドバイスを頂けたことが一発で高得点を取れた要因だと今でも感謝しています。フランス資本の旅行代理店に転職をした現在でもフランス語の記事の添削やSNSの運用方法について詳しい先生がいますので重宝しています。デメリットとしては、自分に合う先生に巡り合うまでに何度か違う先生の授業を取らないといけないことです。また、そのお気に入りの先生と時間が合わなかったことも何度かありました。体験レッスンや無料でSKYPEで学習相談もして頂けるので、上手く活用してみましょう!

 

 

 

② ECCオンラインフランス語レッスン

ECCオンラインフランス語レッスンのリンク

 

 

続いては、「ECCオンラインフランス語レッスン」について紹介させて頂きます。ほんの少しだけ他のフランス語オンラインサイトより値段が上がりますが講師の質が良いというところがここのメリットだと思います。フランス語の学校でいうと、フランス政府が運営に関わっているアンスティチュフランセやアテネ・フランセのオンライン版と言ったところでしょうか。それらの機関に比べると費用は安いので、自分に合う先生を探してみましょう!他のフランス語オンライン学習サイトと同様に体験レッスンも受けられるので、一度試してみる価値はあると思います。

 

 

 

③ フランティア

フランティアのリンク

 

 

3つ目に「フランティア」について説明させて頂きます。この学習サイトの特徴としては、フランスが昔に植民地していたマグレブの都市(チュニジア、アルジェリア、モロッコ、リビアなど北西アフリカ諸国)の先生が中心で、物価が安い分、授業料も格安となっています。英語のオンライン学習でいうとフィリピンのオンラインスクールのようなものでしょうか。個人的にフィリピン留学もしているので一つの考え方ですが、中級ぐらいまではこのような格安サイトを使用するのは相当費用対効果が良いと思っています。レベルが上がっていくに連れて物足りなさが出てくると思いますので、その際に他の学習サイトに切り替えてみるのもいいアイデアかも知れません。

 

 

 

 ④ル・フランセ・シック

ル・フランセ・シックのリンク

 

 

最後に、ル・フランセ・シックについて紹介させて頂きます。ル・フランセ・シックの特徴としては、講師全員が高学歴で経験豊富なフランス人ということです。ビジネススクールで学ぶような高尚なフランス語に触れられます。グループレッスンではなく、講師と一対一なので、各受講者のレベル、目標と本当のニーズに合わせてレッスン内容を調整して頂けます。また、担任制を採用しており、3回の体験レッスンで自分に合う先生を見つけ、その後、その先生と一緒にフランス語を学んでいく形となります。勿論、途中で違う担任へ変更も可能です。短期間で集中的にフランス語を学ぶことができるため、旅行の前の1ヶ月の期間集中的にフランス語を学ぶことや資格試験(フランス語検定やDELF/DALFなど)の前に徹底的に弱点を見つけ出し補強するなど多種多様なサービスがあるのも魅力的です。

 

 

 

 

如何でしたでしょうか。英語は世界の公用語として就職活動でもTOEICの点数を履歴書に書いたり勉強されている方は多いと思います。フランス語については、好きだけど就職に有効に使えないので趣味程度でいいと思われてる方も多いと思います。個人的にはフランス資本の旅行代理店に転職できたこと、本当に好きであればフランス語でも生計をたてられることをこれからもこのブログを通じてお伝えできればと考えております。是非オンラインでフランス語を学習できるということも念頭に置いて、フランス語の学習を継続頂ければと願っております。

 

 

 

 

シェアやコメントもよろしくお願いします!
では、A la prochaine 🙂