#フランス

フランス語の勉強方法

社会人のフランス語勉強方法

    Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     社会人になるとなかなか勉強時間が確保出来ずにむしゃくしゃした気持ちになりませんか?     学生の時とは異なり、仕事に追われて、時間はあるけど疲れて後回しになったりするので歯痒い気持ちになります。社会人の方は、量より質を意識して、まいにち少しでもいいのでフランス語の勉強を継続してみましょう。     今回 は社会人になり、私が実践しているフランス語勉強方法について書きます。参考になれば、いいねやコメント頂けると嬉しいです。     スマートフォンでフランス語でニュースをチェックする。     スマートフォンを使って、通勤時間や昼休み、帰宅後の隙間時間を使って記事を読むことをオススメします。わからない単語は単語帳に纏めて一番頭に残る時間帯である寝る前に復習すれば、いつでもフランス語を話す準備ができているでしょう。下記の記事も参考にしてみてください。     スマートフォンでフランス語を勉強する最適な方法 厳選5選       フランス語検定やDELF/DALFを受験する。     社会人になるとどうしても忙しくなり、フランス語勉強のモチベーションを保つのが難しくなると思います。定期的にフランス語検定やDELF/DALFを受験することでモチベーションを保ちやすくなります。少しお金はかかりますが、フランス語をうまく話せるようになるために定期的に試験にトライして見ましょう!     フランス語検定2級攻略本(仏検2級)       部屋では、フランスのラジオを流す。     私は、個人的にフランス語のリズムに耳を鳴らすためにフランスのラジオを部屋で流すようにしています。France InfoやFrance interやBFM BUSINESSなど日本にいても無料でフランスのラジオが聞けるのでオススメです。因みに、留学に行った時はフランス語は全くわからなかったのですが、フランスでのホームステイ先の方がずっとラジオを流されていたので、その名残で続けているのかも知れません。     ・France info https://www.youtube.com/watch?v=wwNZKfBLAsc         如何でしたでしょうか。今回は、社会人になってもフランス語能力を向上させたい方はたくさんいらっしゃると思い記事にしてみました。TwitterなどSNSでも情報配信をしていますので、ぜひフォローください。         シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂     Monsieur Aの電子書籍 累計100部突破しました!!     フランス語上達のためにKindleでフランス語の本をいつでも読めるようにしましょう!    

フランス語の勉強方法

私が実際にしてきた中で厳選したフランス語上級者向けの参考書まとめ

    Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     今回は、フランス語の上級者の方へオススメの参考書を紹介させて頂きます。私は、大学の時からフランス語を勉強し始め、1年間休学して、フランスのアンジェという都市に留学しておりました。現在は、日本の企業に6年弱勤めたあと、フランスの旅行会社へ転職をし大好きなフランス語を毎日使っています。フランス語を10年程勉強してきて「これはよかった!」と思った本をまとめて紹介させて頂きます。       新フランス文法事典     「新フランス文法事典」は、例文が多いので、文法的に正しいかを確認するためにいつも私が使用している参考書です。     Robert Micro Poche     フランス語上級者ともなれば、仏仏辞典は必須です。「Robert Micro Poche」が良いとよく聞くのでオススメさせて頂きます。     フランス語の書きとり・聞きとり練習 上級編     「フランス語の書きとり・聞きとり練習 上級編」は、フランス語検定1級受験の前に解いています。これは学生の時にしていたのですが当時はとても難しく感じました。また挑戦しますが、簡単に感じることを願います。     Monde Diplomatique [FR] No. 775 2018 (単号)     フランス語上級者までいくと、Le mondeを読んでみましょう。Amazonで簡単に帰るので、日本に居てもフランスの情報を手軽に手に入れることができるので本当にありがたいです。   今日は時間があるので朝からle monde ! Monde Diplomatique [FR] No. 776 2018 (単号)https://t.co/uN0ZHv3txa — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年11月23日     これまで私が、実際にしてきた参考書を紹介させて頂きましたが、如何でしょうか。フランス語は難しい言語ですので、根気強さが必要ですが、難しさよりも「フランスが好き。」という強い気持ちが大切かなと思います。     シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂     フランス映画は、ネットフリックスでも少ないので、TSUTAYA DISCASがオススメです!!まずは無料で1ヶ月お試しください→     にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村  

フランス語の勉強方法

私が実際にしてきた中で厳選したフランス語中級者向けの参考書まとめ

    Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     今回は、フランス語の一番難しい初級者の壁を乗り越え、中級者になられた方へオススメの参考書を紹介させて頂きます。私は、大学の時からフランス語を勉強し始め、1年間休学して、フランスのアンジェという都市に留学しておりました。現在は、日本の企業に6年弱勤めたあと、フランスの旅行会社へ転職をし大好きなフランス語を毎日使っています。フランス語を10年程勉強してきて「これはよかった!」と思った参考書をまとめて紹介させて頂きます。     NHK出版 これならわかるフランス語文法 入門から上級まで       まずは、「厳選したフランス語初級者向けの参考書まとめ」でも紹介しましたが、文法書です。文法の本は、一冊買うとわからない時はいつでも確認できるので取り出しやすい場所へ置いておきましょう!     新フランス文法事典     「新フランス文法事典」は、私が愛用している参考書です。詳しく例文が書かれているので、会話でも使ってみたり、話した後に確認してみたりしています。これは上級者になっても使えるので、フランス語をこれからもしていくのであれば初期投資は高いですが、購入は必須です。     フランス語名詞化辞典     「フランス語名詞化辞典」は、文章を書く際に名詞化することで高尚なフランス語を書けることを目標に出版された参考書です。フランス語検定2級から名詞化の問題も重要視されているので、例文のたくさん載ったこの参考書は、とても役に立ちます。     フランス語の書きとり・聞きとり練習―中級編     「フランス語の書きとり・聞きとり練習―中級編」は、私の大好きなシリーズの本です。CDを録音し大学の図書館で何度聞いたかというぐらい愛用していた本です。この本は、フランス語検定にも役立ちますし、何にせよ説明がわかりやすいので勉強になります。     現代仏作文のテクニック     作文の練習になる本です。うまく書けるようになればうまく話せるようになります。たくさん書いて訂正して、話してを繰り返せばいずれはフランス語を自由に操れるのでは・・・?     これまで私が、実際にしてきた参考書を紹介させて頂きましたが、如何でしたでしょうか。フランス語は難しい言語ですので、根気強さが必要ですが、難しさよりも「フランスが好き。」という強い気持ちが大切かなと思います。             シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂    初心者  上級者     Amazon.co.jp ウィジェット   Monsieur Aの電子書籍 累計150部突破しました!!   フランス語ランキング

フランス語の勉強方法

私が実際にしてきた中で厳選したフランス語初級者向けの参考書まとめ

    Bonjour(ボンジュール), C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     今回は、フランス語を勉強しようと思われている方へオススメの参考書を紹介させて頂きます。私は、大学の時からフランス語を勉強し始め、1年間休学して、フランスのアンジェという都市に留学しておりました。現在は、日本の企業に6年弱勤めたあと、フランスの旅行会社へ転職をし大好きなフランス語を使って生計を立てています。フランス語を10年程勉強してきて「これはよかった!」と思った本をまとめて紹介させて頂きます。     NHK出版 これならわかるフランス語文法 入門から上級まで       まずは、語学を学習する際には必ず必要な文法の教科書を紹介致します。フランス語文法は、複雑ですが、語学を学ぶ際に「その言葉のルール」を知ることは必要不可欠です。難しさにより挫折するのは勿体無いので、疑問に思った際に調べる癖をつけてください。こちらの文法書は、初級者から上級者まで使えるので1冊文法書として購入をオススメします。     増補改訂版 新・リュミエール―フランス文法参考書     フランス語の文法についての参考書は、リュミエールも有名です。上記の文法書かリュミエールの文法書のどちらか1冊は家に置いていつでも調べられるようにしておいた方がいいと思います。     文法から学べるフランス語     個人的に好きな本が、「文法から学べるフランス語」です。こちらは練習問題を解きながら文法が学べるし説明が明解ですので、フランス語の文法の壁を乗り越えるのに最適な参考書だと思っています。「文法から学べるフランス語」で勉強したフランス語文法について練習してみて下さい。     聴ける!読める!書ける!話せる! フランス語 初歩の初歩     「聴ける!読める!書ける!話せる! フランス語 初歩の初歩」は、バランスよくフランス語を学ぶのにとても良い参考書です。バランスよく学ぶことはとても大切で、文法ばかりしていても、実際に話さないと面白くないし、話すためには相手の言っていることを理解しないといけないし、4つの能力をしっかり身につけてください。     フランス語の書きとり・聞きとり練習―初級編     学生の頃は、著書 大賀さんの参考書をほとんどした覚えがあります。この方の本は、フランス語検定対策にも最適で、本当にわかりやすいのでかなりオススメさせて頂きたいです。特にディクテーションの勉強は、総合的な語学能力をあげるのに最適です。なぜなら、聞こえてきた音を書く作業をすると、リスニング・ライティングを同時に鍛えることができるからです。聞こえてきた音を同時に声に出すことでスピーキングも鍛えられるし、文法や単語のチェックもできるので万能な勉強方法だと思います。     これまで私が、実際にしてきた参考書を紹介させて頂きましたが、如何でしょうか。フランス語は難しい言語ですので、根気強さが必要ですが、難しさよりも「フランスが好き。」という強い気持ちが大切かなと思います。モチベーションが下がった時は、是非実際にフランスへ旅行に行ってみて下さい!!             シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂         Amazon.co.jp ウィジェット   Monsieur Aの電子書籍 累計150部突破しました!!   フランス語ランキング

日記

[報告]フランスの会社へ転職〜フランス語で生きよう!〜

    Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     とうとう待ちに待った「フランス語を使った仕事で生計を立てる」という目標を達成することが出来ました。     大学入学後に始めて、嵌ったフランス語。20歳の時に始めてフランス留学に行き、将来はフランス語で食べていくと決めたあの日から、約8年の月日が経ちました。また、フランス語勉強のアウトプットとして始めたツイッターやブログ、Instagram、Facebookなどで情報を配信し続けて、6年ほど経ちました。     そして、とうとうフランスの会社への転職が決まりました。     大学卒業後は、フランスに行ける可能性のある貿易関係へ入社しました。フランスで働けるかもしれないこと、そして、どうしても貿易の仕組みと日本社会の構造を知る上でこの企業に勤めるということは個人的に大切な事でした。というのは、フランスと日本の貿易業に興味があるからです。物流の観点から輸入と輸出について学べたサラリーマンとして働いた5年と9ヶ月はとても有意義な時間となりました。物流の仕組みを学べたので、次はどんな商品が日本とフランスの間で需要があるのかを調べていきたいと思っています。     サラリーマンとしての仕事以外の時間は、フランス人の友達を日本で作り多くの時間を過ごす、家ではFrance infoを流したり、フランス語検定の勉強をしたり、ほとんどの時間をフランス語に費やして5年9ヶ月のサラリーマン生活を終えました。今度働く会社は、日本で主にインバウンド事業をしているフランス🇫🇷の会社。此れからは同僚も顧客も全てフランス語圏の方となります。     やりたいことをやるために途中で諦めなくてよかったと心底思っています。8年という月日は、途轍もなく長かったですが、此れからは大好きなフランス語を毎日使って思う存分に楽しみながら学んでいきたいと思います。     新卒しか入社することのできない会社を辞めて、フリーランスとしての契約からとなりますが大きなチャレンジをしてみたいと素直に思いました。正直、周りには危ないのではないかという声もありますが、私がフランス語が好きなことを身近な人は知ってくれているから背中を押してくれました。     後はどれだけ努力出来るかにかかっています。しかし、好きな事をするときは努力とは感じないので苦しい時もあるでしょうが耐えられると思っています。社会人になりこの日をいつかと待ち望んでいました。フランス語だけでは難しいのはわかっていたので、TOEICも900点弱まであげて、入社後は、金融関係の本も読み漁りました。     現在は、29歳にして、資産も1,200万円を超えました。ポートホォリオは、社債に500万円、国内株式に500万円、残りは預金と米株のインデックスに預けています。好きなことをしたいのであればお金のことも考えることはとても大切です。     今年中に1,200万円の貯蓄を作ってさらに投資で回す。これがフランス語で生きていくためにサラリーマンになってからら6年間で本を読み漁って辿り着いたこと。好きなことしたいならお金の運用も考えること。https://t.co/dTsHygQ1c3 — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年7月6日 此れからは確定拠出年金の額もあげられるし、フリーランスとなれば、社会保障など会社が払っていてくれた額も個人負担になりますが、経費として控除できるのでうまく調整していきたいと思います。フリーランスとしての資産運用方についても学んだことは記事にしていく予定です。そうすれば、目標を持って頑張っている方へ少しでも情報を展開できると思っています。     20歳の時に始めてパリでオペラガルニエを観て、フランス語にのめり込みました。此れからは京都でフランス語圏の旅行者向けの仕事で食べていきます。8年の月日は長かったですが、また新しい目標を定めてもっと遠くまでいきたいと思っています。     そして強調したいのは、目標を達成出来たのも応援してくれた方々の後押しがあってのことです。サラリーマンになって感じたことは、嫌々仕事をしている人が余りにも多い事です。この事実に関しては、本当に勿体無いと思っています。     社会の多くの方々が自分の好きな仕事を見つけ、夢中になって頑張っている人が増えることを強く願っています。       シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂     合わせて読みたい記事→「Monsieur Aの夢」 https://www.monsieura.net/monsieur-a-reve/     フランス関係の仕事が多い転職サイト、まずは登録しておこう!→ フランス語で仕事をしたいなら英語はマストです! DMMは、無料で2レッスンを受けられるので先ずは無料登録→     Monsieur Aの今までしてきたフランス語参考書のベスト4→ Amazon.co.jp ウィジェット にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村    

フランス語の勉強方法

【厳選5選】フランス語学習歴10年の私が考える「最強のフランス語勉強法」

    Bonjour(ボンジュール), C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     フランス語を勉強していて、誰しもが「もっとうまく話せるようになりたい。」「もっとうまく書けるようになりたい。」「もっと言っていることを理解したいし、読めるようにもなりたい。」と悩まれると思います。すでに10年もフランス語を勉強している私もそんな歯がゆい気持ちでいっぱいになる時もあります。   そんな壁にぶちあった時に読んで欲しいのが「Monsieur Aのブログ」!! 今日は、今考える私の最強のフランス語勉強方法について5つ厳選して紹介させて頂きたいと思います。 1. フランス語検定 フランス語検定3級攻略本(仏検3級)https://t.co/VIkwwOBQq7 — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年10月11日     1つ目は、フランス語検定です。私は、関西大学の仏文出身なのですが、そこで出会った友達が、「フランス語をレベルアップしたいのなら、フランス語検定を順に受けていけばいい。」と言っていました。それからというものフランス語検定3級から順に合格していき、卒業するときはフランス語検定準1級まで合格していました。社会人になった今もフランス語検定1級を3回受験していますが、一次試験で惨敗しています。でも、試験を受け続けることでフランス語を維持出来ているし、「来年こそは!」とモチベーションにもなっています。フランス語検定1級レベルになれば、もっとフランスの情報に容易にアクセスできるようになるし、目指す価値はあると思っています。         2. DELF/DALF     2つ目は、DELF/DALFです。これは英語で言うTOEFLのようなテストです。試験自体も全てフランス語だし、DALFになると仏仏辞典の持ち込みも可となります。この試験に合格すると日本でも、世界中どこでもフランス語の能力を証明できます。将来海外でフランス語で語を使って仕事がしたいのであれば、フランス語検定よりこちらを優先した方が良いと思います。因みに私は、学生の時に取得したDELF B2以降は受験していません。というのは、フランスで働くより、日本でフランスの企業に雇ってもらえるようになったからです。ただDALF C1は受験したことがないので機会があれば挑戦してみたいと思っています。         3. スマートフォンでフランス語を勉強する 仏検の勉強に参考にして頂けると嬉しいです🙇‍♂️🇫🇷https://t.co/CcDjZ80OSZ — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年10月20日     私がフランス語を始めた時は、スマートフォンが出たばかりで、カシオの電子辞書を使っていましたが、今はスマートフォンのアプリで代用しています。スマートフォンが一台あれば、フランス語の記事も読めるし、ラジオも聴けるし、本当に便利な世の中になりました。下記の記事に勉強方法を纏めていますので、是非一読頂けると幸いです。         4. フランス語のラジオを常に流す フランス語の勉強の為に聴いているpodcast一覧🇫🇷 pic.twitter.com/za0ldXD30L — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年10月16日     部屋にいる時は、常にフランス語のラジオを流すようにしています。そうすると、フランス語の音に耳が慣れるし、フランスの情報も入るのでとても便利です。   留学中にもホストファミリーの家で朝食を取る時は、いつもFrance infoが流れていたのでその当時を思い出しますし、クロワッサンとコーヒーを準備すればもう既にフランスにいるかのような気持ちに陥ってしまいます。また、当時フランス語でラジオを聞いていた時は、全く理解できませんでしたが、現在は結構わかります。このように何年後かに自分の成長を感じられる達成感も味わえることがオススメさせて頂いている理由かもしれません。     5. フランス人の友達を作る J’ai le trac. 緊張するー。#使えるフランス語https://t.co/N5s9YZplGX — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年10月5日     フランス人の仲の良い友達を作ることはとても大切で、1人でも作ってしまえば色々なイベントに呼んでくれるので自動的に友達が増えていきます。フランス人は、なにかと人を家に招待したり、fêteをするのが好きなので、先ずは1人仲の良い親友を作ってみましょう。私自身もフランス人の友達にガイドの仕事を紹介してもらったので始まりで、それから会社のいろいろな方と仲良くなり引き抜いてもらいました。仕事の世界ではコネクションが大切ですので、もしかするとあなたもフランス語を使った仕事を紹介してもらえたりするかも…?                 如何でしたでしょうか。「学問に王道はなし」と言いますが、毎日コツコツと継続する以外に近道はないでしょう。筋肉と同じでフランス語を使わなければすぐに錆びてしまうのでなるべく毎日少しでもフランス語に触れるように意識づけでみましょう!                 記事を読んでくださりありがとうございました。できればシェアやコメントもよろしくお願いします!では、A la prochaine 🙂   【フランス語勉強に便利な記事を紹介】 必見!本当に役立つフランス語学習WEBサイト3つを紹介(おまけ付き)   Amazon.co.jp…