フランス時事

フランス時事

燃料費増税に対する反政府デモへのマクロン大統領演説まとめ

    フランス大統領であるマクロン氏が、燃料費増税に対する反政府デモに関する返答として12月10日の夜に演説をしました。その内容を簡単に纏めてみました。     大まかに3つの労働者からの要求に対して譲歩した形となりました。フランスでは、税金が高いことから富裕層が海外に行くということが多くなっており、国としても収入が少なくなっている中で大変厳しい状況に陥っていると思います。     1 来年1月より最低賃金を月額100ユーロ引き上げ 2 残業代とボーナスについて非課税 3 社会保障税について月額の年金が2000ユーロ未満の退職者は増税免除     13分に渡るマクロン氏の演説の中ので上記の譲歩案を発表しました。     「今回の事態を招いたのには私にも責任がある。皆さんのことを最優先にしてこなかったという印象を与えてきたかもしれない。今、フランスは経済的にも社会的にも緊急事態にあり、よりよい暮らしができるフランスを作らなければならない」と述べました。 (NHK NEWS WEB参照)     12月のクリスマス商戦の中でのデモによって休業を余儀なくされる会社や被害を受けた方やものもあり、フランス経済にとっても大きな影響を受けたと容易に推測できます。     世界的に「貧富の格差」について大きく取り上げられるようになり、日本では起こらないこのようなデモですが、フランスではワザと皆んなが困るようなことをして社会の機能を麻痺させ政府に訴えかけます。暴力的ですが、最終的には政府の妥協を勝ち得たように伺えます。     聞いた話ですが、イタリアでバスの運転手がお客さんから賃金を取らずに営業を行うデモがあったと聞きました。この場合だと、国民は今まで通りバスは使えるけれど、バス会社は赤字になるので労働者への待遇を改善したという事例があるようです。     暴力的にデモをする以外にもより良い方法で政府に訴える方法はないものでしょうか。    

フランス時事

カルロス・ゴーンショックについてまとめ

    Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     今回は、「カルロス・ゴーンショックについてまとめ」という題で記事を更新します。大きな騒動となっていましたので、日産自動車の前会長カルロス・ゴーンについてまとめてみました。カルロス・ゴーン氏と言えば、日産自動車が経営不振に陥ったところ、「日産リバイバルプラン」を立ち上げ復活させたことで世界的に知られていますが今回の事件の全貌を記したいと思います。       カルロス・ゴーン氏のプロフィール     カルロス・ゴーン氏は、レバノン人の両親からプラジルで生まれ、レバノンで育てられたあと、フランスの工学系のグランゼコールに入りました。その後、ミシュランに18年在籍し、その功績を認められルノーより上席副社長として迎え入れられました。     1999年3月に経営危機に陥った日産自動車と資本提携を結び、最高執行責任者(COO)に就任、後に、日産自動車の社長兼最高経営責任者(CEO)となりました。コストキラーとしての異名を持ち、日産リバイバルプランを成功させ、日産自動車をV字回復させました。     プラジル、レバノン、フランスと多重国籍を持つカルロス・ゴーン氏ですが、ブラジルでは大統領を狙っていたとも噂されています。     日産自動車は経営統合を恐れていた?     現在は、販売台数も売り上げも日産自動車が上回っています。議決権は、43%出資しているルノーにあり、日産自動車の取締役は、日産自動車出身が3人、ルノー出身が4人となっていました。     日産自動車の今の経営状況は、ルノーよりよい。経営統合される事が何よりも嫌だったのではないか?#日産 #ルノー pic.twitter.com/q774Asqxf3 — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年11月25日     ルノーの筆頭株主はフランス政府であり、経営統合することで日産自動車を飲み込もうとしていたのではと言われていました。ルノーの生産拠点は、ヨーロッパ中心で、日産自動車は、北米などに拠点があり両社にとってメリットがありました。株主総会では、カルロス・ゴーン氏の役員報酬について何時も話題となっており、フランス政府は、3割をカットすることでカルロス・ゴーン氏を日産自動車の会長職を継続させていました。     高い失業率が問題となっているフランスでは、日産自動車の工場を建設するということで雇用を生み出すと発表していました。フランスでは、カルロス・ゴーン氏の逮捕については日本の陰謀ではないかと報道されています。     フランスの国益をかけた次の出かたに注目しましょう!     カルロス・ゴーン氏の逮捕に至る経緯     カルロス・ゴーン氏は、約50億円の虚偽記載があり日産の社員から内部告発があったと言われています。カルロス・ゴーン氏は、日産自動車を私利私欲で動かしていたとのことで日産社内で不満が募っていたと報道されています。     家族旅行に数千万円、レバノンやブラジルへの住宅購入などが挙げられますが、このタイミングで逮捕できていなければ、日本には日産自動車のプライベートジェットで帰ってくることはなかったと言われています。     なぜ日産自動車は、今までカルロス・ゴーン氏の無申告について言及しなかったのか。最後の切り札にしてたのか。まだまだ解明されていないところがあります。     今回のカルロス・ゴーン氏のニュースについて纏めてみました。日本の大手会社がフランスに攫われるのではないかと危惧していたところ内部告発により逮捕、日本側が引き止めたのではないかと日本とフランスの間で取り合いになっている状況です。今後の展開についても注目していきましょう。     カルロス・ゴーンの経営論     シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂     フランス関係の仕事が多い転職サイト、まずは登録しておこう!→   にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村