フランス語検定

DELF/DALF

フランス語検定とDELF/DALFの比較

Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     フランス語学習者の皆さんは、フランス語検定とDELF/DALFのどちらを受験した方がいいのかと迷うこともあると思いましたので、私の考えを少しシェアしたいと思います。     フランス語検定(5級から1級まで)の特徴     フランス語検定は、主に日本で通用づる資格 ⑴文部省、及び、在日フランス大使館の後援を受けた資格です ⑵35年の歴史をもち、現在までに80万人の受験者を持つ。 ⑶大学の単位や入学に有利になる。 ⑷海外企業が日本で商売をすることが増えているので資格証明となる。 ⑸国家資格である「通訳案内士」の語学試験免除制度がある。     (引用先) http://apefdapf.org/dapf/presentation/proposjp     DELF/DALFの特徴     DELF・DALFとは DELF ( Diplôme d’études en langue française ) と DALF (Diplôme approfondi de langue française )はフランス国民教育省公認の、外国語としてのフランス語能力認定資格です。1985年に設けられたこの資格検定試験は現在世界160カ国以上で行われ、日本でも1991年より実施されています。それぞれの単位は聴解・読解・文書作成・口頭表現の4つの能力が評価されます。 詳細はDELF・DALFのパンフレットまたは www.delfdalf.jp をご覧下さい。     (引用先) https://www.institutfrancais.jp/kansai/examen-2/delfdalf/         フランス語検定は、主に日本で使える資格でありますが、文法的な内容が多い印象を受けます。特に上のレベルになればなるほど重箱の隅をつつくような問題が出題されることが多く、日仏辞書をよく理解できているかが大切だと思います。一方、DELF/DALFについては世界的に資格として認められているので、勿論日本でも有効ですし、フランスでも有効です。海外でフランス語を使った仕事をしたい、フランスの大学や大学院に行きたいといった場合には、DELF/DALFを受けることをオススメします。TCFもありますが、個人的には、DELF/DALFの方が対策を取りやすいと思っています。留学時代の中国人の友達は、 TCFを受けていましたが・・・。     フランス語検定もDELF/DALFも英語の試験と比べると受験者数は少ないので、受験料も高いです。     フランス語検定料金 http://apefdapf.org/dapf/info/tarif DELF/DALF料金 http://www.delfdalf.jp/calendrier_jp.php     料金が高い分必ず一発で合格できるよう万全の準備を心がけましょう! 私は、フランス語検定1級に3回落ちていますが・・・。     シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂 フランス語上達のためにKindleでフランス語の本をいつでも読めるようにしましょう! にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

フランス語検定

フランス語を上達させたいならフランス語検定を順に受ければいい

    Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     質問箱にてフランス語の勉強方法について質問を頂きました。 フランス語検定を順に受験することをオススメ致します。 #peing #質問箱 https://t.co/dfv3D9MFpk — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年12月21日     仏文を卒業しているのですが、教授にはフランス語検定を順に受けていくと自ずとレベルが上がっていくと教えて頂きました。私の場合は、フランス語の授業の必修科目もありましたので、フランス語検定3級、フランス語検定2級、そして、フランス語検定準1級を学生時代に取得しました。     現在は、社会人になりフランス語検定1級を3回受験し、全て1次試験で毎回あともう少しのところで不合格になっています。DALF C1を受験してみようかと検討しています。     ちなみに、DALF B2も学生の時に取得ずみでこれについては、いつかフランス語を使って働きたいと思っていたので、念の為とっておきました。     結論としては、資格試験を順に受けていくと自ずとフランス語は上達していくということです。フランス文化を楽しみながらがポイントです!     シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂         フランス語上達のためにKindleでフランス語の本をいつでも読めるようにしましょう!         にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

フランス語検定

フランス語検定2次試験に向けて口頭練習をしておこう(仏検2次)

    Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     今回は、「フランス語検定2次試験に向けて口頭練習をしておこう(仏検2次)」という題で記事を更新したいと思います。フランス語検定1次試験に合格した方は2次試験(口頭試験)の対策が必要となります。         NHK WORLD – Frenchをフル活用しよう! https://t.co/EcoImEIqtx — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年11月20日     フランス語検定の2次試験では、日本やフランスについての時事問題が出題されます。普段からニュースを読んで自分の意見をまとめておくことは試験にとても有効です。NHK WORLDはフランス語だけでなく他の言語でも日本の時事をよく纏めてくれているので、フランス語検定の2次試験対策には最適です。わからない単語が出てきたら、単語帳にも纏めて起きましょう。       超低速メソッドフランス語発音トレーニング (CDブック)     超低速メソッドフランス語発音トレーニング は、私もたまに発音練習に使うのですが、ゆっくりしたフランス語が流れて、その後に、ノーマルスピードのフランス語が流れるので、あとを追って発音をすると自動的に発音強制ができるという教材です。フランス語検定の2次試験で発音が良いとかなり好印象を与えられると思います。ぜひ忘れがちなフランス語の発音練習もしておきましょう。       フランス語検定の問題集で想定練習をしよう! とうとう明日フランス語検定ですが受験される方、頑張って下さい!https://t.co/DTQsAknPSl — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年11月17日       各級のフランス語検定の問題集の2次試験対策をしっかりとみて実際の試験を想定して練習してみましょう。本番では、全く異なる問題が出題されますので、そんな時のために上記で紹介したNHK WORLDなど時事問題をフランス語で言えるように纏めておきましょう。それでも不安な場合は、いくつか想定できる議題をピックアップし、紙に書き出してみましょう。定型文を作成し、どんな問題が出てもそこに自分の考えを当てはめるだけにするのも良いでしょう。     Twitterで口頭試験に備えて良い質問を頂きましたので、ここでシェアさせて頂きます。     1人でブツブツ話すのがいいと思います。あれっ?この単語どうやって言うのだろう?となると思うので、それを単語帳に書いています。 #peing #質問箱 https://t.co/K1eB0AK6dA — MonsieurA 🇫🇷フランス語で生きよう! (@daisuke13_a) 2018年11月16日     最後に下記は2017年の仏検サイトからの引用ですが、フランス語検定2次試験の合格率は割と高くなっています。   2017年度 合格基準点・合格率 級(季) 出願者数 1次試験 1次試験免除者数 2次試験 受験者数 合格者数 合格基準点 合格率 受験者数 合格者数 合格基準点 最終合格率 1級 723名 658名 76名 87点 11.6% 6名 81名 72名 32点 10.9% 準1級 1,479名 1,310名 346名 72点 26.4% 52名 383名 296名 23点 22.0% 2級(春) 1,666名 1,438名 520名 63点 36.2%…

フランス語検定

Monsieur Aのフランス語検定対策方法

    Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).     フランス語を勉強している方は、ほとんどの人がフランス語検定を受けたことがあると思います。 では、どのような勉強法が一番良い方法であるかを紹介したいと思います。     1.フランス語検定の参考書をとにかくする。   フランス語検定に合格するにはとにかくフランス語検定の参考書をすることです。フランス語検定に関する参考書はそれほど種類はないので、片っ端から受けたい級の参考書を購入し、最低3通りはすることをお勧めします。合格するには、参考書でわからなかった単語をノートにまとめて、完璧にかけるようにすること、聞いてもわかるようにすること、話せるようになることこれが大切なポイントです。ディクテでの配点は各級で大きな割合を占めるので試験の前には必ずスペルチェックをしましょう。ここで大切になるのは、参考書をした際にわからなかった単語をまとめたノートです。試験前に要らない紙にたくさん書いて、スペルミスを少なくすればフランス語検定に合格する可能性はとても上がります。下記は必読書だと思っています。   新フランス文法事典     2.普段からフランス語に触れる機会を増やす   フランスに住んでいる人は、どうしようともフランス語に触れられる環境はありますが、日本に住みながらフランス語を勉強されている方は自主的にフランス語を勉強しようとしないとなかなか難しいと思います。しかし、インターネットが発達した現代社会では、フランス語に簡単に触れられるようになりました。そこで、YOUTUBEで、France infoを流すことをお勧めします。フランス語でラジオを聴くことは、たとえ理解できなくてもフランス語のリズムを捉えるのに最適です。このリズムを習得すると話す際にも良い影響が出るし、フランス語検定においてはリスニングスキルが格段にアップします。注意したいのは、普段からフランス語の単語を勉強して、ラジオを聴いている時に理解できる単語を徐々に増やしていくことです。これがフランス語の全体的なレベルを上げ、フランス語検定のリスニングも簡単に高得点を取れるようになります。     franceinfo     3. NHK WORLDで時事問題に詳しくなろう!   フランス語検定の読解や2次試験対策に有効なのはNHK WORLDというサイトです。なるべく多くの記事を読み、フランス語検定の読解対策に取り組みましょう。2次試験では、日本とフランスについての比較するシーンが出てくると思うので、日本のことをフランス語を学びながら勉強をするのに最適なサイトです。毎日10分ほどのリスニングもアップされるので、記事を1通り読んだ後に理解できているかをリスニングを通して確かめてみましょう。   NHK WORLD https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/fr/     4.フランスの情報は「ふらんす」で   フランス語検定を受ける際は、やはりフランスの背景知識も重要になります。そこで、普段からフランスの文化や歴史について学んでおくことは必要でしょう。そこで、「ふらんす」という月刊誌はフランスの情報を取るのにすごく役にたちます。                 如何でしたでしょうか。できる限りフランス語に触れられる環境を作り出し、フランス語検定で自分の実力を測ってみましょう。 レベルが上がるごとに取れる情報の質も高まりますますフランスが好きになることは間違いないでしょう。     シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂     フランス語を上達したい方は(私もレッスンを受けています。)→   フランス語で仕事をしたいなら英語はマストです! DMMは、無料で2レッスンを受けられるので先ずは無料登録→     Monsieur Aの今までしてきたフランス語参考書のベスト4→ Amazon.co.jp ウィジェット にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村

フランス語検定

フランス語検定には新フランス文法事典?

Bonjour(ボンジュール). C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).   フランス語検定1級に向けて新フランス文法事典を毎晩確認することにしました。 この本は、文法の解説に加えて、たくさんの例文が載っているのが特徴です。     特にフランス語検定のような文法重視の試験では有効だと思い、毎日スマートフォンでたくさんの記事を読み わからなかったところや確認したいところを夜にしらべる習慣をつけようと思います。   昨日は、 Paraître についてです。   Il paraît satisfait. 彼は満足そうに見える。   Je suis ivre. Je fais un effort terrible pour ne pas le paraître. 酔ってでもいるようだ。そう見えないように私は凄まじい努力をする。   Cela me paraît louche. 私には如何わしく思われる。 Il paraissait en bonne santé.  彼は元気そうに見えた。   Ce grand garçon paraissait treize ou quatrze ans quand il en avait dix. その大柄な少年は10歳の時に13-4歳に見えた。   Il ne me paraît pas que la situation soit si mauvaise. 状況が悪いとは思えない。         シェアやコメントもよろしくお願いします! では、A la prochaine 🙂