フランス語検定準1級攻略本(仏検準1級)

フランス語検定

 

 

Bonjour(ボンジュール).
C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).

 

 

今日はフランス語検定準1級に合格した時の勉強法について書きます。フランス語検定準1級ともなるとほんとに難しい!仏検のサイトには、下記のようなことが記載されています。

 

 

程度:日常生活や社会生活を営む上で必要なフランス語を理解し、一般的な内容はもとより、
多様な分野についてのフランス語を聞き、話し、読み、書くことができる。

標準学習時間:500時間以上(大学のフランス語専門課程卒業の学力を備え、新聞・雑誌などの
解説・記事を読み、その大意を要約できるだけのフランス語運用能力と知識が要求される。)

試験内容:読む 一般的な内容の文章を十分に理解できるだけでなく、多様な分野の文章についてもその大意を理解できる。書く 一般的な事がらについてはもちろんのこと、多様な分野についても、与えられた日本語を正確なフランス語で書き表すことができる。聞く 一般的な事がらを十分に聞き取るだけでなく、多様な分野にかかわる内容の文章の大意を理解できる。話す 身近な問題や一般的な問題について、自分の意見を正確に述べ、相手ときちんした議論ができる。
文法知識 文の書き換え、多義語の問題、前置詞、動詞の選択・活用などについて、かなり高度な文法知識が要求される。
語彙:約5,000語

 

 

このレベルまでいけば、「フランス語を勉強していました。」と自信を持って言って良いでしょう。就職にも有利になると思います。さて、ここからは私がフランス語検定準1級に合格するためにした参考書を紹介していきます。

 

 




 

仏検対策準1級・1級問題集《CD2枚付》

 

 

フランス語検定の記事を書く際に、いつも紹介しているのがモーリスジャケさんの本です。仏検の王道ともいえる本です。この本をしてまず自分の実力をはかってみましょう!難しいと感じれば、答えを書き写して全て覚えるよう心掛けてください。

 

 

実用フランス語技能検定試験 準1級仏検合格のための傾向と対策(CD付)

フランス語検定準1級レベルぐらいになると、必死に参考書を何度も何度もした記憶があります。フランス語の参考書は、難しくなればなるほど少ないです。ですので、仏検準1級の参考書は、すべて3通りはしてみましょう。この本は、問題が豊富で終えるのに相当時間がかかりました。試験前に見直すのにも辛かった記憶があります。

 

 

仏検公式ガイドブック傾向と対策+実施問題 準1級〈2018年度版〉―実用フランス語技能検定試験

 

 

 

いろいろな勉強をして、試験前には過去問を解いてみましょう!過去問で合格点に達しない場合は、サイド参考書を見直して、わからない単語は書き出して覚えてください。

 

 

フランス語名詞化辞典

フランス語検定準1級から名詞化の問題が出てきます。名詞化は文をより文学的に見せ、仏検でもとても重視されています。下記の本は、ボリュームはありますが一通りできるようになっておいた方がよいでしょう。

 

 

 

フランス語検定準1級は、年に1度しかありません。受験料も高く、1回目で受かりたいところですが、大学生でこの級に受かっている人は一握りしかいないぐらい難しい試験です。たくさん準備して合格をめざしてください。因に私は、9ヶ月間のアンジェへの留学を終え、フランス語検定準1級を受けたところ合格ラインぎりぎりで落ちました。1年間留学で大学を休学していたので、大学最後の年、2回目のチャレンジで仏検準1級を取得しました。

 

 

 

現在は、社会人6年目になりますが、フランス語検定1級に向けて猛勉強中です。もう少しで1次試験が始まるので、相当勉強して、またフランス語検定1級の合格体験談をここにかけるように頑張りたいと思います。

 

 

 

シェアやコメントもよろしくお願いします!

では、A la prochaine 🙂

 

 

フランス語勉強に便利な記事を紹介→

必見!本当に役立つフランス語学習WEBサイト3つを紹介(おまけ付き)


 

 

パリ旅ステーション様SNSアカウント🇫🇷もMonsieur Aが運用していますので応援頂けると嬉しいです。
公式サイト:tabi-station.fr
Twitter: @TabiStationFR
Instagram: bit.ly/2IF60db
Facebookページ:https://www.facebook.com/paristabistation/

 

 

Monsieur Aの電子書籍 累計150部突破しました!!