私が実際にしてきた中で厳選したフランス語初級者向けの参考書まとめ

フランス語の勉強方法

 

 

Bonjour(ボンジュール),
C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).

 

 

今回は、フランス語を勉強しようと思われている方へオススメの参考書を紹介させて頂きます。私は、大学の時からフランス語を勉強し始め、1年間休学して、フランスのアンジェという都市に留学しておりました。現在は、日本の企業に6年弱勤めたあと、フランスの旅行会社へ転職をし大好きなフランス語を毎日使っています。フランス語を10年程勉強してきて「これはよかった!」と思った本をまとめて紹介させて頂きます。

 

 



NHK出版 これならわかるフランス語文法 入門から上級まで

 

 

 

まずは、語学を学習する際には必ず必要な文法の教科書を紹介致します。フランス語文法は、複雑ですが、語学を学ぶ際に「その言葉のルール」を知ることは必要不可欠です。難しさにより挫折するのは勿体無いので、疑問に思った際に調べる癖をつけてください。

 

 

増補改訂版 新・リュミエール―フランス文法参考書

 

 

フランス語の文法についての参考書は、リュミエールも有名です。どちらか1冊は家に置いていつでも調べられるようにして置いた方がいいと思います。

 

 

文法から学べるフランス語

 

 

個人的に好きな本が、「文法から学べるフランス語」です。こちらは練習問題を解きながら文法が学べるし説明が明解ですので、フランス語の文法の壁を乗り越えるのに最適な参考書だと思っています。

 

 

聴ける!読める!書ける!話せる! フランス語 初歩の初歩

 

 

「聴ける!読める!書ける!話せる! フランス語 初歩の初歩」は、バランスよくフランス語を学ぶのにとても良い参考書です。バランスよく学ぶことはとても大切で、文法ばかりしていても、実際に話さないと面白くないし、話すためには相手の言っていることを理解しないといけないし、4つの能力をしっかり身につけてください。

 

 

フランス語の書きとり・聞きとり練習―初級編

 

 

学生の頃は、著書 大賀さんの参考書をほとんどした覚えがあります。この方の本は、フランス語検定対策にも最適で、本当にわかりやすいのでかなりオススメさせて頂きたいです。

 

 

これまで私が、実際にしてきた参考書を紹介させて頂きましたが、如何でしょうか。フランス語は難しい言語ですので、根気強さが必要ですが、難しさよりも「フランスが好き。」という強い気持ちが大切かなと思います。

 

 

シェアやコメントもよろしくお願いします!

では、A la prochaine 🙂