コロナウイルスで起こるフランス語ガイドへの影響と対策

Articles en japonais(日本語の記事)

 

 

Bonjour(ボンジュール),
C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).

 

 

思っていたよりも早くきたフリーランス2年目の危機。オリンピックイヤーで観光産業は盛り上がると見込んでいた2020年ですが、コロナウイルスの影響を諸に被る事となりました。予想では、後3年、5年後ぐらいに何かが起こると感じていましたが、今年に来たのはかなりの誤算でした。朝起きると仕事のキャンセルへの対応から始まり、ここに給料は発生しないので相当な手間となっています。

 

今回失敗したのは、株式市場に資産の5割以上を入れていたので、ここでの下落が15%ほどあったことです。長期で高配当投資をしているので、ここの資金は動かせないので現金収入が必要になってしまったことです。現金を持っておくことの大切さを痛感しました。こういう大きな経済的な事象を経験することで後々良い効果をもたらすと思います。

 

恐らくここからはオリンピックの延期や更なる国々で出国・入国の制限が掛ってくると思います。何年かは耐えられる資金の用意があるので、まだまだ観光産業に身をおいて仕事は継続できると思いますが、今年どれだけ資金を減らさずに耐えられるかが課題となります。

 

「ピンチはチャンス!」

 

誰かが困っているということは、裏側には仕事があります。学校が休校であればベビーシッターの需要が上がったり、インターネットでのサービスの利用が増加していくと思います。ここで、皆さんブログやYouTubeを始めてみるのはどうでしょうか。個人的にもYouTubeを始めてみたのですが、動画編集に大変苦戦しながら、毎日ひとつ学びを得られるよう取り組んでいます。YouTubeを始めてから毎月100名ほどチャンネル登録者数が増えているのでモチベーションとなっております。コロナウイルスの影響で京都に人が少ないので写真や動画で紹介していきたいと思っています。

 


 

どんな時でも希望を持って下を向かずに頑張っていきましょう!!特に中小企業の資産的に余裕がない方は心配ですが、健闘を祈ります!!

 

 

 

 

では、良いフランスライフを!!
A la prochaine 🙂

 

日本人がパリで働いてみて思ったこと

25/03/2019

 

Monsieur Aの電子書籍 累計150部突破しました!!

 

 

フランス旅行ランキング

フランス語ランキング