モンパルナスのブイヨン・シャルティエ で「鴨のコンフィ」を食べました。

Articles en japonais(日本語の記事)

 

 

Bonjour(ボンジュール),
C’est Monsieur A(セ ムシュー ア).

 

 

シャルティエ兄弟がパリで開いた大衆レストラン「シャルティエ(Chartier)」。このお店はフランス人の友達に教えて貰い一緒に行った店です。10年前にフランスのアンジェに留学をしていたときに出会った友達との久々の再会で行った筆者にとっては特別なお店です。

 

 

元々は肉のスープ(ブイヨン)を労働者のために振る舞ったのが発祥のようです。1896年にオープンしている歴史のあるレストランでもあります。

 

 

労働者への食堂ということが起源ですので、「食堂」というイメージで店へ行くとなんとアール・ヌーボー様式の店内は豪華絢爛!!こんな雰囲気の中でフランス料理を食べられるのは至福の時間でした。2019年2月、この店の創業当時と同じBouillon Chartier Montparnasse(ブイヨン・シャルティエ・モンパルナス)が再オープンするということでモンパルナス店にも出向いてみました。

 

 

店外の写真です。モンパルナス駅から徒歩5分程の好立地です。

 

 

エントランスの写真です。

 

 

前菜にソシソン・リヨネ(Saucisson lyonnais)を頼みました。全体を見渡せる席に行きたいとお願いしたら、良い席につくことができました。ここでフランス人のようにFIGAROを読んでいました笑

 

 

メインは、大好きな鴨のコンフィを注文しました。肉汁にバゲットを浸して食べることは留学時代のホームステイのマダムに習いました。

 

 

安くて、量も多く、雰囲気も良いので連日お客さんがいっぱいです。予約も受けていないレストランですので、普段の食事の時間とずらして行くことをオススメします。今回は、11:30頃に行きましたので、待たずに最高の席を選ぶことができました。今回お支払いした額は、凡そ15ユーロ程でした。

 

 

【Bouillon Chartier Montparnasse】
住所 : 59 Boulevard du Montparnasse, 75006 Paris, France
TEL : +33 1 45 49 19 00

 

 

 

 

フランスくん
動画でもパリを感じてね!チャンネル登録もよろしく!

 

 

 

 

【今回持って行ったガイドブック紹介】

 

 

 

 

記事を読んでくださりありがとうございました。できればシェアやコメントもよろしくお願いします!では、A la prochaine 🙂

 

パリで美味しい鴨のコンフィを食べたいならマレ地区にある「Le Bar Du Marché」一択

17/02/2020

 

 
Monsieur Aの電子書籍 累計150部突破しました!!

 


 

フランス旅行ランキング

フランス語ランキング